2020-01月期ドラマ

10の秘密5話考察!翼の母をやった犯人と宇都宮の目論見とは?

10の秘密5話の考察をシェアしていきます。

今回も新たな事実が出てきましたが、まさかの白河圭太(向井理)の逆転劇の始まりです。
ちょっとダレかけましたが、ここで面白くなってきました!

しかし、今回もまた謎が増え、秘密が多くなってきました。
予想外の展開が起こりそうな予感。

やっぱり床下に隠したのかーい。ネットでも圭太(向井理)が頭悪すぎ!という声が多い…

10の秘密5話考察

10の秘密5話考察ということで、まず結論からシェアします!

・宇都宮竜二(渡部篤郎)は社長交代等狙っているため、事件を暴露するかも。実はUSBを持っていて
圭太を取り込む予定もあり。
・翼の母を火事以外で殺した人物は二本松か。

「あなたはしょせん、由貴子より1桁小さな人間だ」とか言われたら男の人なら普通に凹みますよね…。
しかし、そこから逆転ホームランを放ちかけている圭太。どうなるか。
今回は、謎の解明がそこまでなかったですが、振り返ることで、よい考察していきましょう。

ちなみにまだ残る秘密は以下。

1、菜七子(仲里依紗)の秘密とは?
2、宇都宮の切り札とは?
3、翼はやっぱり被害者遺族だが勘違いしているのだろうか?母をやった男とは誰?

伏線について以下まとめました。

1話の伏線

・由貴子の目の前で冒頭のヤブキさんの自殺。
・由喜子と付き合っていたという渡部篤郎役の帝東建設の宇都宮竜二が、いなくなった部屋を案内してくれるが、持ち物もほぼない。(付き合っていたというのは本当かな..)
・由貴子は借金が多かったようだ。かなり稼いでいたはずなのに仙台由貴子は投資で大きな損失を出していたという。

・☆宇都宮は最近電話で「いい加減にして!10年も前のことで脅さないで」という由貴子が出んわいしているのを話を聞いた。

なんで火事のことを2人以外が知っているんだ?いったい誰?

・由貴子の母親は孤独死。
・最近実家近くで、由貴子が法外な高利貸しと一緒にいたとのこと

2話の伏線

・宇都宮竜二(渡部篤郎)は、誘拐に関与していないようで「何のことだ?」と言う。ただ由貴子とトラブルは会社としてあって、彼女を守りたいという(どれが嘘でどれが本当かは分からない)
・白河圭太(向井理)は菜七子(仲里依紗)が空手が凄いこと知らなかった。

・伊達翼(松村北斗)は誘拐された当日に会う予定ではあったが現れなかったという。
・「重要な取引の材料」誘拐犯はボスとそう連絡をとっていた
・「万が一例のことが表に出たら君の立場も怪しくなる宇都宮くん」と帝東社長(佐野史郎)

・データはヤブキが握っている建築の図面で帝東建設の重大な欠陥についての情報が入ってる
・☆自殺したヤブキのデータは、警察も見つけていない。誰が持って行ったのか?→手帳は由貴子だが…

3話の伏線

・10年前BQをした時の火事の真相・夫婦で話をしてたら瞳がいなくなり、探していたら、燃えている家が、その前に瞳が立っていた
・近くの別荘が何軒か燃えたが、自分らが原因かもというのを隠していた
・亡くなった人はいない、やけどした人だけ、と圭太(嘘かも)

・瞳のお年玉貯金がなくなったのは、探偵を雇うため
・翼は何か知っているようだ。もしかして火事の被害者遺族?

・菜七子(仲里依紗)は酔っ払いとの会話が秘密のようだ。瞳に聞かれてなかったか気にしていた

4話の伏線

・ヤブキの遺族と会社の話がおりあったら残りの3億を受け取れる
・ヤブキの手帳は由貴子が持っていて、まだ脅しが残っているが、何?
・二本松は母親が父親を刺して、由貴子が弁護をした過去が。しかも同じ町の出身

・ヤブキを告発しないように説得するのが由貴子の仕事だった。
・由貴子はヤブキを弁護するふりして、情報を帝東に流してたがヤブキにはバレた
・次に切り捨てられるのは自分だと分かっていたから由貴子は逃げた

今回の秘密は「母親が誘拐犯」ということかあ

・ヤブキのUSBだけが見つからない
・由貴子はやはり借金をチャラにして第2の人生を歩みたいがためのようだ

・火事で一人死亡していた
・圭太はある人にお金を送り続けていた。匿名で亡くなった女性の子供に送っていた。母も知らない。これが全てだという圭太

・宇都宮は「会社がいざとなったら、自分を守る切り札もっているから」

USBは石川菜七子が持ってたりしてね。
その子供が伊達翼くんってパターンか

5話の伏線

・由貴子はもう3億円手に入れようとしているらしいが何を引き換えに?
・由貴子はマネーロンダリングも完璧にしているようだ

・ヤブキの遺族に弁護士がついたので手帳の回収を社長を急いだ。由貴子の仕業か?
・由貴子は残りの3億手にしたが、警察を装った何者かに盗られる。→なんと圭太が計画した

・菜七子(仲里依紗)は今も六本木で何かしている。厚化粧でクラブで何かしている。
・「宇都宮(渡部篤郎)はもう終わりだ」と、長沼社長(佐野史郎)が宇都宮の部下を取り込もうとする
・由貴子は菜七子(仲里依紗)を取り込もうとするが失敗に終わる

10コの秘密っていうのがわからない…。
多分
1つ目の秘密は、「10年前の火事」
2つ目の秘密は、「帝東建設の重大な建築欠陥の秘密」
3つ目の秘密は、「由貴子の本性」
4つ目の秘密は、「誘拐事件の真相」
5つ目の秘密は、「翼の正体」
でも秘密いっぱいあるよね。「実は娘のことを何も知らなかった父親」かもしれないし…火事の秘密わかってないからねえ

残る秘密・謎の考察

1、菜七子の秘密とは?

これが一番情報少なくて困りますよね…。

お金に困っているようには見えないが、親の借金を一緒に返しているとかで
お金の捻出を模索している間に密売関係に手を染めてしまったとか?
さすがに翼の火事とは関係ないかな?
親の飲食店が実はうまく行ってないとかしか今までの情報からはでないよね…

キーワードは
「あるとんでもない秘密」「空手」「蕎麦」「六本木」…

チカン被害者であったとしたら、六本木でその情報を得て犯人を捜している?という線も

2、宇都宮の切り札とは?

宇都宮は最初から社長を見限っているのが分かりました。
「切り札は秘密」と言っていましたね。

5話で社長が宇都宮を切る伏線が出ていましたが(とても怪しいお店でした)
どちらが先に「切る」ことを出来るでしょうか。

話が面白くなるのは宇都宮でしょう。
実は、USBを持っていて、ヤブキや社長の秘密も知っている。
ヤブキの手帳もコピーをとっている。

社長の責任にして、「会社を更生します」と言って新社長になるパターンはあり得ます。

3、翼はやっぱり被害者遺族だが勘違いしているのだろうか?母をやった男とは誰?

翼が衝撃の告白を5話においてしました。
火事ではなく、その前に部屋に入ってきた男に殺されたと。

圭太は本当に知らないような感じでしたがどうでしょうか?

a,圭太がとぼけているとしたら
→圭太は殺人もしているし、嘘つきでもはや主人公の味方がいなくなるから、さすがにないのでは

b,宇都宮竜二
→今の情報ではわからないが、この場合、次期社長の秘密を圭太が知ることになるので話としてはあり

c,二本松
→この頃、由貴子とつるんでいたかは分からないが、そうだとしたら、由貴子への殺意に翼が移る。そんな展開もありか。

今の登場人物の中にいるならばこの4パターンが妥当かと思われるが
宇都宮がその男である展開だと一番盛り上がると思うので、自分が脚本側だったらそうしたい。

圭太は、なんだかんだ由貴子との戦いに敗れ、次期社長の直属の部下というポストを与えられるため
長沼社長を貶めることに、宇都宮に協力

成功

しかし、宇都宮が火事を利用して殺人をおかした人物と知る

宇都宮は口留めのためにも傍に置いておきたかった

また大変な展開に…

みんなの反応

https://twitter.com/aki2334/status/1227214771277008897

まとめ

関連記事

  1. 清水くるみの演技力とドラマ歴まとめ!がん患者役もかわいいの声

  2. テセウスの船の榮倉奈々の特殊メイクに批判も?「笑った」「雑」

  3. 女王蜂とは?このバンドの10の秘密オープニングがヤバイくる!有名曲をチ…

  4. シロクロの黒幕は佐藤二朗の法務大臣役?早速怪しいがなぜこんなことしてる…

  5. 金子大地の演技力は?ドラマ恋つづ・チートと2020年ブレイクか?

  6. 病室で念仏を唱えないでくださいレギュラー子役の名前は?Foorinの活…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

人気記事

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP