2020-01月期ドラマ

10の秘密が謝罪したマンション・ネットは疑問なものの個人的に納得した理由

10の秘密が第2,3話で出たマンション名が実在のものと酷似していたということで第7話の最後に謝罪文を掲載しました。

これを見た時は「こういうことよくある」「犯人と同姓同名のことあるし」ということで
何でわざわざ謝罪したんだ、と思ったのですが、詳細を見たら
「たしかに自分ももし制作側だったら謝罪するかも」と思いました。

その点見ていきましょう。

私もクレームに簡単に屈するなよって派。文句言うやつの言いなりになるな、と思ってるけど、なんで納得したの?

10の秘密が謝罪したマンションなぜ謝罪?

10の秘密が謝罪したマンションですが、結論から言うと「プラウドガーデン品川」で
そこがドラマ内では、違法建築していたという設定で話が進んでいました。

個人的に納得したのは
「かなり有名ブランドだから」
「今後もどんどん展開していくブランド」
「たしかにイメージが結びつく」

ということで、もし自分が制作側だったらドラマとはいえ、これはとりあえず謝っておいた方がいい、と思えました。

「プラウド」

はもう誰が聞いても知っているブランドですよね。
CMでもやっていますし、知らない人はいないでしょう。

たしかに私もこれを聞くまでは、10の秘密の違法建築のマンション名を思い出せなかったくらい
あまり大きく取り上げられた印象がなかったですが
ドラマの影響・イメージというのは確かに大きいんですよ。

有名な話として
俳優の風間俊介さんなんかは金八先生で、「クラスを牛耳って学級崩壊を起こす裏の顔を持つ役」という悪い奴の役をやっていたのですが、
プライベートで街を歩くと、ヤンキーに「おい、俺分かってんかんな!裏で悪いことしてんの!」「お前、調子乗んなよ!観てっかんな!」と絡まれたりしたそうです。

参考:https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9430783

かなり昔の記事にも、風間さんイジメ役ばかりやってたから街歩いてたら石を投げられたことがあるような話があった記憶が(不確定情報)
風間さんはたしかに悪役多くて「イジメっ子」というイメージ強かったよね。『人間・失格』でもそうじゃなかった?

このように、「ドラマなんだから」と理性的な人ばかりではなくて
「超ピュア」な方々がそのままのイメージを信じてしまうこともけっこうあるんですね。

テレビはイメージが命と言いますように、CMに流れる人のイメージが悪いと商品の印象が悪くなると同じで
やはりドラマもイメージと結びつきます。

なので今回、プラウドのブランド価値を落としかねない、ということで恐らく企業からクレームがあったのではないでしょうか?(あくまで推測)

まあ、そういわれてみると「プラウド」は有名すぎだから普通は避けるところだよねとは思う

マンション名で謝罪の10の秘密へのみんなの反応は?

こんなんで謝るからドラマがどんどんつまらなくなる
視聴率低いし誰がそんなこと気にするんだ?
なんでもダメになる世の中だよな。日本は。
マンションなんて無数にあるのだから、それっぽい名前を付けると被る事もあるでしょ?
私は、ドラマの犯人と同姓同名だったよ。そんな案件いくらでもあるでしょ
くだらないなー。気にするなよ、そんな小さなこと

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200225-00000219-spnannex-ent

まとめ

10の秘密のマンション名謝罪は、一見「なんでそんなことくらいで?」ということでしたが
あまりにも大手だったために謝罪文を発表したのだと思われます。

・違法建築の設定で、大手ブランドだった
・企業からクレームがいったのではないか?

まあ、細かいことにこだわらない私だけど、プラウドなら「それはちょっと」とは思うわ
たしかに、大手の名前は使うのはどうかと思うよね。
マクドナルドとか、アップルとか、グーグルとか、すかいらーくとか、ワタミとかね。

関連記事

  1. 恋つづのクリームパン貯金って何だ?甘いもの話題になる理由

  2. 病室で念仏は実話を元にしている?僧医の有名人・逸話を調べてみた

  3. アライブ(ドラマ)薫先生が心に近づいた理由を分かりやすく整理と感想まと…

  4. トップナイフのエンディング曲のダンスの振り付け師は誰?フル動画のみんな…

  5. 絶対零度シーズン4考察!伏線と謎のメモ一覧!井沢が一線を超えてしまう理…

  6. トップナイフとは意味は?実際にそんな医師はいるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

人気記事

カテゴリー

PAGE TOP