2020-10月期ドラマ 35歳の少女

35歳の少女の鈴木保奈美役が怖いけど共感する人もいる理由!この親子関係の結末は?

投稿日:

「体は35歳だけれど心は10歳」の望美を演じる柴咲コウさん主演ドラマ『35歳の少女』、徐々に成長していく望美の姿に注目が集まっていますが、望美の母・多恵を演じる鈴木保奈美さんの演技が怖いと話題になっています。

確かに怖いと感じるところが多いですが、一方で共感する声もあるようです。

そこで鈴木保奈美さんの演技について調べてみたのでシェアしていきます。

鈴木保奈美さん演じる多恵は確かに怖いんだけど、それだけじゃなくて胸に刺さる部分も多いんだよね…

35歳の少女の鈴木保奈美役が怖いと話題

不慮の事故により10歳で長い眠りについた望美が25年ぶりに目覚め変わってしまった世界で戸惑いながらも成長していく『35歳の少女』。

35歳だけれど心は10歳のままという、見た目と心のアンバランスさを見事表現されている柴咲コウさんの演技には驚きましたが、母・多恵役を演じる鈴木保奈美さんの演技もぞくっとするほどに怖く存在感に圧倒されますね。

特に怖いと感じたシーンが、第3話で望美と結人を会わせないよう一日中望美を監視しようと部屋に監視カメラを設置するシーンです。

朝、目覚めて自分の母親が監視カメラを部屋につけてたらめちゃくちゃ怖くないですか?

さらに外から鍵をかけられ閉じ込められてしまうんです。

なんとか窓から抜け出し家から出られましたが、なんと多恵が家の前にいて「あなたは普通の人間じゃない」「何かあって責任とるのはママなの、結人君じゃない!」と怒る多恵の演技がとにかく怖かったです。

25年間望美が目を覚ますことを願い一人で介護を続けていた母・多恵の気持ちを思うと心配なのは十分わかります。

しかしその心配が過干渉すぎるところに恐怖を感じてしまいました。

笑顔もなく狂気すら感じる冷たい女性となってしまった多恵を演じる鈴木保奈美さんの演技力に改めて凄さを感じました。 

https://www.instagram.com/p/CHAbA78JYlt/?igshid=1wmk7cfs6looo

結人が家庭教師で来てくれたとき、信用していないからか…結人を無言で睨みつける感じもなかなか怖かった
1番怖かったの、ホテルの前で男に殴られても殴られても向かっていくのがゾンビみたいだったシーンでしょ!!

望美の母に共感する声も

『35歳の少女』で望美の母・多恵が怖いと話題となっていましたが一方で共感する声も見られました。

私自身も子どもがいて母であることから多恵の気持ちに共感できるシーンが多々あったように思います。

第2話でショッピングモールに買い物へ行くシーン、ありましたよね。

洋服や靴を選ぶ時、望美は10歳の少女らしい可愛らしいデザインのものを選びますが多恵はだめだと反対します。

お子様ランチも、遊具で遊ぶのも、自分のことを望美と言うことも、もう子どもじゃないんだからやめなさいと言う多恵。

望美がかわいそうだなと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私は多恵の気持ちに共感する部分が多かったです。

今の現実に一刻も早く慣れて、望美を見た目だけでなく心も大人にしなければ、してやらなければと焦りや不安で私が多恵の立場なら同じことを言っていたと思いました。

また第4話で望美がホテルに連れ込まれそうになり多恵が体をはって望美を守るシーンで、「私より先にこの子を死なせるわけにいかない、そのためなら殺されたってかまわない」と真正面からむかっていく多恵の姿にとても感動しました。

子どもを守るためなら命も惜しくない、そんな鬼気迫る演技に共感したと同時に胸が熱くなりました。

その後のシーンでも望美の反抗期を見ることができて多恵が涙していましたね。
もう見ているこちらまで号泣です。

子どもの成長1つ1つが大切で宝物で反抗期を経験できることは当たり前ではないと胸がいっぱいになりました。

無表情で冷たい雰囲気に怖さも感じる多恵ですが、それ以上に望美への愛が共感を呼ぶのではないかと思いました。

また気になるのが、今後の望美と多恵の親子関係ではないでしょうか。 

物語が進むにつれ多恵は昔のように明るく笑顔を取り戻し、望美は見た目だけではなく心も立派な大人の女性となり強い絆で結ばれた親子関係となっていくのではないかと思います。

これから成長していく望美と徐々に変わっていく多恵との親子関係からも目が離せませんね。

現在の多恵は白髪で老け込み無表情だけれど、望美の成長とともに昔のように笑顔の多い綺麗な母になっていくんじゃないかな
子供を思う気持ちは理屈じゃないんだね。思うがゆえに他人から見たらおかしいってことになることもある。過剰はいかんけど

35歳の少女の原作は?似ているドラマや似た実話をシェア!「韓国ドラマの『30だけど17です』設定が」「柴咲コウ久しぶり!」

35歳の少女の鈴木保奈美の怪演にみんなの感想は?

怪演が凄い…流石です
怖いぐらい凄い演技に見入ってしまった
狂気じみた母親の演技が怖くて震えた
素晴らしい演技
鈴木保奈美さんの淡々とした演技、凄い表現力だと思う

出典:twitter

まとめ

いかがでしたでしょうか?
『35歳の少女』鈴木保奈美さんの演技について調べたことをまとめますと

・『35歳の少女』で鈴木保奈美さん演じる母・多恵が怖いと話題をよんでいますが、個人的に第3話で望美を心配するあまり監視カメラを設置しているところが怖かったです。

・鈴木保奈美さん演じる母・多恵が怖いという意見が多い一方で共感する声もあり、私が思う共感するポイントは望美を現実に慣れさそうとしたり、過干渉に思えるほど心配したりと娘を思う深い愛情にあるのではないかと思いました。

・ネット上では望美の母・多恵を演じる鈴木保奈美さんの演技が凄いという意見が多くありました。

『35歳の少女』での鈴木保奈美さんの演技、本当に凄いですよね。

無表情で冷たい雰囲気に怖さを感じる一方で望美が大切で心配だからこそ過干渉になってしまう親心に共感せずにいられません。

これからどのようにストーリーが展開していくのか…『35歳の少女』から目が離せませんね。

35歳の少女面白い?「超現実的」「重い」「現代社会をえぐる感じ」「演技上手いね」

35歳の少女ののぞみ子役(主人公・望美の幼少時代)は誰?可愛いしテンションがいい感じ!

-2020-10月期ドラマ, 35歳の少女

Copyright© 漫画動画クエスト , 2020 All Rights Reserved.