2019-10月期ドラマ

アントールドとは意味は?シャーロック(ドラマ)の副題が気になったぞ!

2019年10月からの月9のシャーロック、期待をもって見ています!
というのも誰もが知っている世界的名著ですからね。
それをディーン様がやるということで、期待も高いですが、逆に滑る可能性だってあるわけです。

期待と不安で見ています。
最初に気になったのがシャーロックの副題です。
公式見た時には気づかなかったのですが 『シャーロック~アントールド・ストーリーズ~』というのがタイトルと副題なのですね。
アントールドってどういう意味だか思いだせないので調べてみました。

[st-kaiwa2 r]ドラマはいい感じやった!ディーン様がやっぱいいね[/st-kaiwa2]

アントールドの意味とは?

アントールドの意味は、英語だと「untold」で「語られてない」「まだ話されてない」「莫大な」「計り知れない」「はなはだしい」といった意味がネット辞書には見受けられます。

古典ミステリー小説を現代にドラマ化したことから考えると
古典ミステリーの原作では「語られてない何か」がドラマで表現しているように示唆しているように思えますね。

「シャーロックのまだ語られていない話」
または
「シャーロックの計り知れない話」
という感じでしょうか。

しかし、制作側が発表しているだろうと思い調べてみました。

[st-kaiwa1]アントールド、冷静に英語見たらするわかったけど。原作とは変えてくる感じかな。背景を変えるなら原案とかにしたほうがいいと思うけどどうなんやろ[/st-kaiwa1]

シャーロック・アントールドストリーズの意味

シャーロック・アントールドストーリーズについて制作側が言及しているか調べてみました。

すると出てきました。制作側の話です。
原作でわずかに言及されながら詳細が明記されていない事件のことのようです。

太田大プロデューサーは「原作の中に70個くらい、シャーロック・ホームズが過去に解決したとされたり、迷宮入りしたとされる事件が存在していて、その全貌が全く分かっていないものがあります。世界のシャーロックファンや、その後の作家がこれに触発されて、いろんなオマージュ作品やパロディを作って、どういう事件だったのかをかなり多く創作してきたのですが、今回、現代日本にシャーロックを蘇らせるということで、新たな解釈をわれわれとしても求めて作っていきたい。それによって、オリジナリティを作れたらと思います」

出典:https://news.mynavi.jp/article/20190902-887328/

原作を読み込んでいる人にしか分からないことですが、原作には迷宮入りもあるのですね。

つまりアントールドストーリーズというのは、ホームズの中でも迷宮入りでファンが「どうなった?」といろいろと想像してしまうところを扱うということでしょうか。
そうでしたらかなり興奮しますね!

[st-kaiwa2 r]原作ファンも満足させる仕組みを作っとったか![/st-kaiwa2]

シャーロック1話みんなの反応

出典:twitter

まとめ

いかがでしょうか?
ちょっと今回のことを調べて興奮してきたし、同時に原作を見たくなってきました。
単純に原作をドラマで再現しただけと薄っぺらく思っていたのは何も知らない私の方で
実は制作側は、恐らく本当にホームズのファンで、中でも気になってどうなった?的なところを扱っているのですね。

2話も視聴決定です!

[st-kaiwa2 r]原作よもーと思ったら大量にあってちょっとひいた[/st-kaiwa2]

関連記事

  1. まだ結婚できない男の深川麻衣役の小ネタ一覧!「面白すぎ」「サイコパスだ…

  2. ドクターX2019は宮崎や福井だとどこで見れる?見逃した場合一番お得な…

  3. リカ(ドラマ)ハーバーリュームが怖い!意味は?1話みんなの感想「高岡早…

  4. ニッポンノワール考察2話&伏線まとめ「才門なんて言ったの?」…

  5. ドクターX2019の今田美桜は何弁?気になる配役の素性は?

  6. ボイスチェンジャーの女声アプリ一覧!シャーロック見て使いたくなった人!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

カテゴリー

人気記事

PAGE TOP