BE LOVE

ぼくの素晴らしい人生ネタバレ注意20話の感想と考察!ディスレクシアのトム・クルーズが思い浮ぶ

Sponsored Links


ぼくの素晴らしい人生のネタバレ注意20話の感想と考察をシェアしていきます!
BE LOVE2018年12月15日号では、主人公・忍のお父さんのこと、そして遥の家族について話が発展していきます!

文字が読めないという障害であるディスレクシアといえば、トム・クルーズがすぐに浮かびます。
私も発達障害に関する知識はそこまでないですが、トムクルーズに関しては知っていました。

正直、「僕らは奇跡でできている」も含め、発達障害を題材にした物語は読む・視聴する前は抵抗あったのですが
いざ読んでみると、心が溶解するというか、「自分の欠点に対する態度」みたいなものをすごく学ぶものであり
見ていて心が軽くなるのが分かります。

それでは見ていきましょう。

Sponsored Links


ぼくの素晴らしい人生ネタバレ注意20話の感想

https://twitter.com/mizuho_aichan/status/1068739706966294528

ネタバレ注意の感想ですのでご了承ください。

ぼくの素晴らしい人生20話では、以下3つのポイントで物語が発展していきます。

1、忍のお父さんの過去

2、忍の祖母の気持ち

3、遥の家族

1、忍のお父さんの過去

忍のお父さんも、ディスクレシアであったことが祖母の話から分かります。
昔はそんな概念もないので、祖母が非常に苦労して、なぜ人と違うのかに葛藤し、お父さんを苦しめてしまったことを吐露します。

子育てはそうでなくとも大変なものです。普通に健常児でも普通にするまで親御さんには大変な苦労があることは
体験したものにしか分からないものですが、発達障害は周りの理解が得られないケースが多く
特に昔は今の数倍も理解がないので、祖母の苦労が計り知れません。

また、お父さんは絵が描けました。その残された絵本への解釈を一生懸命しようとしている2人が印象的です。

2、忍の祖母の気持ち

忍の祖母は、今ディスレクシアを理解し、当時の自分の対応に苦しみます。
知っていれば、息子がこういう運命を歩くこともなかったと。

忍は、お父さんが残した絵本の優しさから、祖母に幸せなこともあったからこんな優しい絵が描けると伝えます。

祖母は、忍を育てることで、お父さんへの子育てをやり直していたともいえます。
神様がそうさせたのかもしれませんね。
忍が祖母にありがとうを言うのが非常に印象的です。

3、遥の家族

忍の先輩である遥の家族・弟が「父さんが危ない」と押しかけてきて
拒否するものの忍らに背中をおされ、入院先にいく忍。

結局、父さんは入院はしているものの危篤状態ではなく普通でした。
冷たい言葉もかけられ、「騙したな」と憤慨する遥。すぐに帰ります。

そういえば遥の家族についてよくしらなかったと忍。

たまたまカフェで遥の弟と会い話すこととなり、20話は終えます。

遥の父はディスレクシアに理解がなかったことがわかります。
なぜ弟は嘘をついてまで、遥を父に合わせようとしたのでしょうか?

そこが気になりますね。自分の子供が欠陥品だと認めたくない父がいたと発言する弟。
父と遥を会わせようとした真意が来号で明らかになりそうです。

ぼくの素晴らしい人生ネタバレ注意20話の考察

ぼくの素晴らしい人生20話はずばり「家族の理解」がテーマであるのが分かります。

昔は特に、発達障害の理解がないし、自分の子供を立派にするために親が試行錯誤するわけですが思い通りにいかないことはあるものです。
その最たる事例として発達障害があります。
理解できないものに対しては人は無力です。

忍の祖母は、忍を育てることでやり直せたと思います。
20話で、忍の父の育て方の後悔に対する答えを得られたと思います。

そして、遥の家族に対する課題を今突き付けられたと思っています。

ぼくの素晴らしい人生20話ネットの反応

ぼくの素晴らしい人生まとめ

昔は全くなかったですが、最近発達障害を題材にするドラマや漫画が出てきました。
『ぼくの素晴らしい人生』もそのひとつ。

発達障害でない人は関係ないと思いがちですが、非常に参考になります。
自身の弱点、苦手な部分との向き合い方とでもいいましょうか、
発達障害に関係あるなしにかかわらず、非常に学びになり、心が癒されるものとなっています。

関連記事

  1. 昭和ファンファーレのネタバレ注意!27話の感想と考察

  2. 傘寿まり子ネタバレ注意53話の感想と考察!商店街編ラスト!

  3. 昭和ファンファーレのネタバレ注意28話の感想と考察まとめ!

  4. ピーチガールNEXTネタバレ注意41話の感想と考察!結婚前後で変わらな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

カテゴリー

人気記事

PAGE TOP