朝ドラ

ちむどんどんとは意味は?ドラマのモデルも調べてみた

2022年前期に放送されるNHK連続テレビ小説が『ちむどんどん』に決定しました。

注目の朝ドラタイトル『ちむどんどん』とはどんな意味があるのでしょうか。
またモデルとなった方はいるのか気になりますね。

そこで『ちむどんどん』の意味やモデルについて調べてみたのでシェアしていきます。

ちむどんどんって可愛い響きだね!どんなドラマなのか放送が楽しみ

▼それSnowManにやらせて下さい44話見た?▼
>>今すぐTBS系動画サービス『Paravi』を無料体験する
※ジャニオタに一番熱いのが『Paravi』 『それスノ』『ドラゴン桜(2005)』『パパジャニwest』『天国と地獄』等

ちむどんどんとは意味は?

朝ドラタイトルの『ちむどんどん』の意味は胸がドキドキと高鳴るという意味です。

「朝ドラ」の愛称で親しまれている連続テレビ小説。
106作品目となる『ちむどんどん』のタイトルの意味やモデルはあるのか気になりますね。

「ちむどんどん」は沖縄では有名な言葉ですが、初めて聞く方も多いのではないでしょうか。

意味を調べてみたところ「ちむ」とは肝や心という意味があり、「どんどん」とは脈打つ音を指すことで直訳すると「心がどんどんと脈打つ」となります。
ですので胸がドキドキする、心が高鳴るという意味となりますね。
緊張や興奮、嬉しい、楽しいなどといった感情を表すことができます。

胸がドキドキするという意味をもつ『ちむどんどん』というタイトルのように心が高鳴る物語に期待が高まりますね。

みんなも胸が高まったり興奮したときに「ちむどんどん」をつかって熱い思いを表現してみてね!

ちむどんどんのモデルはいる?

『ちむどんどん』で黒島結菜さん演じるヒロイン"比嘉暢子"のモデルがいるかについては現状判明していません

『ちむどんどん』のヒロインを務める黒島結菜さん演じる比嘉暢子は4兄妹の次女でマイペースなのんびりや。

喜怒哀楽がはっきりした性格の暢子は一度だけ食べた西洋料理の魅力にとりつかれ、やがて料理人を目指し東京へ旅立っていきます。

そんな『ちむどんどん』のヒロインのように、いさぎよくまっすぐな女性のモデルとなった方はいらっしゃるのでしょうか。

『ちむどんどん』の脚本を手掛ける羽原大介さんは2014年後期の連続テレビ小説『マッサン』を手掛けられた際、日本のウイスキー誕生を支えた竹鶴政孝さんと妻のリタさんをモデルに描かれていました。

そのことから『ちむどんどん』のヒロイン暢子もモデルが存在するかもしれませんね。

ヒロインに抜擢された黒島結菜さんは沖縄出身!凛とした美しさが印象的だね

ちむどんどんへの期待の声まとめ

来春の朝ドラ楽しみ!早く見たい
脚本がマッサンの羽原大介さん!期待大
沖縄の歴史やヒロインの成長を見応えたっぷりで描いてくれそうだね
黒島結菜さんヒロインおめでとうございます!来年が待ちきれない
沖縄が舞台なのね!沖縄の言葉がタイトルなのも素敵

出典:twitter

▼それSnowManにやらせて下さい44話見た?▼
>>今すぐTBS系動画サービス『Paravi』を無料体験する
※ジャニオタに一番熱いのが『Paravi』 『それスノ』『ドラゴン桜(2005)』『パパジャニwest』『天国と地獄』等

まとめ

いかがでしたでしょうか?
『ちむどんどん』について調べたことをまとめますと

  • ちむどんどんとは胸がドキドキと高鳴るという意味です
  • 『ちむどんどん』のヒロイン比嘉暢子のモデルについて判明していません
  • ネット上では『ちむどんどん』が楽しみという意見やヒロインの黒島結菜さんへの期待の声も多く見られました
  • 話題の連続テレビ小説『ちむどんどん』。
    家族の絆や夢を追う主人公の姿にコロナ禍の今を明るく照らしてくれるドラマとなるのではないかと思います。
    沖縄の本土復帰50年にあたる2022年春より放送される『ちむどんどん』、今から待ち遠しいですね。

    -朝ドラ

    © 2021 漫画動画クエスト