2020-01月期ドラマ

ディア・ペイシェント原作が面白い!感想をまとめてみた

クレーマーに悩まされる医師のリアルを描いた『ディア・ペイシェント』が
2020年4月よりドラマ化が決定しました。
一体どんな原作なのか興味が湧きませんか?!原作を見た人に面白いのか感想も聞きたいところです。

仕事していると、本当にクレーマーにかなり感情が左右されるからかなり興味あるわ

この記事では、ドラマ化が決定した『ディア・ペイシェント』について
シェアしていきます!

ディア・ペイシェント原作が面白い!?内容は?

人の病を治してくれる有難い存在の医師にクレームを付ける
時代になってしまいましたね…。
医師は日々の激務と並行して、どのようにクレーマー患者と
向き合っているのでしょうか?

気になる原作『ディア・ペイシェント』の内容は、
クレーマー患者に悩んだ女性医師が、頼れる職場の仲間達と共に
逃げずに向き合っていく温かいストーリーになっています。
その姿はリアルを追求しており、読者から面白い!と評判です。

クレーマーとは距離を取りがちな昨今ですが、
この作品では、しっかりとクレーマー患者と向き合えば
一筋の光が見えることを教えてくれます。
医師が患者を通して成長していく姿も必見です。

なるほど…。クレーマーから学ぶようにすればまた違うかなあ

ディア・ペイシェントがドラマ化

原作『ディア・ペイシェント』は、患者と医師のリアルを描いており
様々な業界からも絶賛された作品です。
満を持してのドラマ化のため、原作が再び注目を集めています。

そして、クレーマー患者に悩み奮闘する女性医師役に
貫地谷しほりさんが抜擢されました。
現在『テセウスの船』で主人公の姉として出演中の貫地谷しほりさんは、
一体どんな女性医師を好演してくれるのか楽しみですよね。

また主人公の悩みを聞き、一緒に解決方法を導き出す
職場の先輩医師に内田有紀さんの出演も決定しています。
クレーマーと聞くと響きは良くないですが、
『ディア・ペイシェント』は後味の良い作品なのでおススメですよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

4月クールの ドラマをやる事なりました。 放送は少し先ですが本日クランクインです! ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜 という医療ドラマで、 主人公の真野千晶を演じます。 監督はもう何度もご一緒している 西谷真一さん! 脚本はこれまたご縁のある 荒井修子さんです。 モンスターペイシェントにどう向き合っていくのか、医療とはどうあるべきなのか、生きていくとは、、様々なテーマが凝縮されています。 是非楽しみにしていてください! 明日はテセウスの船、第2話です。 そちらも是非ご覧ください! #nhk #ドラマ10 #ディアペイシェント #絆のカルテ #4月 #17日 #スタート #サーロインステーキ #弁当🤤

貫地谷しほり(@shihori_kanjiya)がシェアした投稿 –

ディア・ペイシェント原作の感想まとめ

既に『ディア・ペイシェント』の原作を読んだ皆さんは
どんな感想を持ったのか見ていきましょう!

医療業界の大変さが詰まっていた
実際にある話で引き込まれた
とてもタイムリーな作品だと思った
希望の持てるエンディングで良かった!
患者のモンスター化がリアルだった
出典:amazon

など皆さん『ディア・ペイシェント』に登場する
クレーム内容がリアル!と話題になっていることが
分かりました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
原作『ディア・ペイシェント』のポイントを
2つにまとめていきますと

・クレーマー患者と医師のリアルが垣間見えて面白い
・ラストは希望が持てる医療系ヒューマンドラマ
・クレーマー内容が意外とリアルで参考になる

ということが分かりました。
現在様々な現場に出没するクレーマーですが、
命に関わる医療現場でのクレームはかなり重そうですよね…。

しかし、この作品ではクレームの先にある人と人との触れ合いや
温かさなども感じ取ることが出来ます。
医療業界の大変さを感じながらも、クレーマー患者について
もう一度考えさせられる原作『ディア・ペイシェント』を
ドラマ化される前にぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. トップナイフ2話ゲストの美人女性は誰?ドラマ歴を調べてみた

  2. 河村花の演技力やドラマ歴は?10の秘密は初?

  3. 恋は続くよどこまでも面白い?原作感想から分かる合う人合わない人

  4. 東京ラブストーリー2020はFODでいつから?やめて!の声が多い理由

  5. アライブの挿入歌は誰か?英語で女性の声で涙のタイミングにいつも流れる!…

  6. テセウスの船の子役は誰?予想と実際・過去作は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

人気記事

カテゴリー

PAGE TOP