2019-10月期ドラマ

グランメゾン東京の演出に絶賛の声!塚原あゆ子の作品を振り返る

今期の初回ドラマ視聴率、好調な滑り出しのグランメゾン東京。
フランスでのロケや有名シェフが実際監修している料理のクオリティの高さが目を惹きます。
それと共に木村拓哉さん、料理をしている姿は本当に絵になりますよね。
ふきんで片手鍋を持ち、左手で塩を振るところなんてファンの方にはたまらない構図だろうなぁと感心しました。
そんな木村さんの魅力を余すとこなく、しかもさりげなく演出しているのが今回のグランメゾン東京の監督の塚原あゆ子さんです。
今回は塚原あゆ子さんの作品を振り返りつつ、グランメゾン東京の素晴らしい演出についてご紹介します。

演出の大事さをすごい感じたよ。

グランメゾン東京の演出に絶賛の声

グランメゾン東京の演出がイケている!と思ったのは私だけではないのでは。
やはり同じ内容でも演出により全然印象が違うんだな、というのを痛感しています。

第一話の中にも印象的なシーンがたくさんありました。
尾花が大切に持っていたエスコフィユの集合写真からみなぎる一体感。
料理を作り上げていく工程の食材の美しさ。
手長海老のエチュペを作っている時のフライパンからのあおり。
手長海老を蒸し焼きにしていく工程で、蒸しあがる直前の海老の変化するタイミングと微妙な音の違いを逃さないように集中しているところ。
尾花のシェフとしての姿勢を繊細に表現しているなぁと感じました。

料理も急にスローになったり、早送りになったりするのもタイミングが計算されているよね。もう香ってくるし!

グランメゾン東京演出家の塚原あゆ子の過去作品

塚原あゆ子さんは、石原さとみさん主演のアンナチュラルで2018 年東京ドラマアウォードの演出賞を受賞しています。
アンナチュラルでは実際にはない架空のUDIラボという研究機関で働く人々の裏側の設定が細かく複雑に絡み合っていました。
事件を解決していく面白さと、個性的な登場人物の光と闇が見え隠れするたびに、できればこれ以上誰も傷つかないでほしいと願いながら金曜日の夜を楽しみにしていました。

今回、グランメゾン東京出演の玉森くんは、2017年4月に放送していた「リバース」で、
鈴木京香さんは2013年の「夜行観覧車」で塚原あゆ子の演出を受けています。
玉森くんはグランメゾン東京の公式HPのインタビューの中で、塚原さんは写っているかどうかわからないエキストラの方にも演出をする繊細にアンテナを張っている人だと話していました。

夜行観覧車は湊かなえさんの小説をドラマ化したものですが、サスペンスの中にも愛が感じられるドラマでした。

グランメゾン東京の演出に関するネットの感想

女性の描き方もかっこいいし、おじさんおばさんて言い合えるの泣けた
料理やスポーツは才能の域も大きいから、あの勝てない感とか、自分が惨め感とかすごいと思う
塚原監督が「料理のドラマって味やにおいを伝えられないから難しい」って言ってたけれど、それを徹底的に映像の美しさと臨場感でカバーしている感じがする。
飯テロとはこのこと!表現力がいい!つまり演出が逸材ってことか

出典:Twitterより

みなさん、絶賛ですね。やっぱりこだわりをきちんと持って演者さんにストレートにはっきり伝えていく塚原あゆ子さんの姿勢が作品に現れているのでしょうね。

まとめ

個人的に素敵だと感じたシーンは、倫子が尾花の作った手長海老のエチュペを食べるところです。
倫子の背中には落ちていく夕陽の輝きが差していて、たまらなく美しいのに哀しい。
尾花との圧倒的な力の差に打ちひしがれている、が手長海老はこの上なく美味しい。画面からあふれていました。

ラストのシーンで尾花が「三ツ星をとる」と宣言した時の三ツ星ポーズ。
中指、薬指、小指を立て親指と人差し指で丸を作る、オッケーサインのようにも見えますが公式HPによれば親指と人差し指で作った丸から世界を見る、目指すという意味を込めて塚原あ子さんと木村拓哉さんで考えたそうです。
またドラマのどこかでこのポーズが出てくるといいですよね。
木村拓哉さん曰く、塚原あゆ子さんには火力があるそうなので絶妙な火加減をみせてもらえるのを楽しみにしています。

関連記事

  1. 4分間のマリーゴールド女子高生役の鈴木ゆうかとは?かわいいけど声が気に…

  2. シャーロック(ドラマ)にアイリーンは登場するか?やるなら誰?

  3. 4分間のマリーゴールドはなぜ4分なのか?タイトルの意味を深堀してみた

  4. グランメゾン東京の料理が美味しそう!レシピや食べれるお店は?監修シェフ…

  5. まだ結婚できない男夏美は誰と結婚したの!?出演は絶対あるはずだ!

  6. リカ(ドラマ)のあざの秘密は何?考察まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

カテゴリー

人気記事

PAGE TOP