2020-04月期ドラマ

ギャルソンとは意味は?美食探偵3話赤楚衛二役に「初めて知った」

『美食探偵明智五郎』の第3話に赤楚衛二さんが出演されます。

赤楚衛二さんの役どころはギャルソン役だという事です。
実は赤楚さん自身も“ギャルソン”とはどんなものか初めて知ったそうですが
改めて
ギャルソンとは意味は?
美食探偵3話赤楚衛二役に「初めて知った」
について調べてみました。

赤坂衛二さんって仮面ライダービルドに出てたよねー
カッコいい人のカッコいい姿は絵になるよねー

ギャルソンとは意味は?

ギャルソンについて調べてみました。

ギャルソン(Garçon)とはフランス語で男の子(少年)をあらわす言葉。
英語ではウェイターと同じ意味で
ギャルソンは男性給仕(ウェイター)、特に大きな飲食店などで飲食物を出す者を指すそうです。

「コム・デ・ギャルソン」は少年のようにって意味なんだって。

ギャルソンは給仕業務を的確にこなすだけでなく、基本的な料理の知識やワインの知識も必要とされます。
更にギャルソンはホテルのフロントマンと同じように
来店する客の顔と名前や趣向を記憶し、個別に最適な対応を行えるということも美徳とされています。

最近のドラマでは『グランメゾン東京』で沢村一樹さんが演じていた京野が
これぞギャルソンだなぁというイメージです。

京野さんのギャルソン姿、めちゃくちゃカッコ良かった!
昔のドラマだと『王様のレストラン』の松本幸四郎さんもステキなギャルソンだった!

美食探偵3話赤楚衛二の役はどんな役?

『美食探偵明智五郎』の第3話はシェフの回です。
激安フレンチに押され売り上げの落ちていたフレンチレストラン『メゾン・ヴェリテ』で
客がパンを喉に詰まらせ窒息死する事件が発生します。

事故?事件?

明智は店の厨房にモナリザの絵葉書が飾ってあったと知り、マリアが絡んだ事件であると確信しますが、
店長兼シェフの伊藤が亡くなった客を必死に助けようとしていたという目撃証言があり。。。

やはり事件ではなく事故なのか。

武田真治さん演じるシェフ伊藤のもとで働くギャルソン野中を赤楚衛二 さんが演じます。

野中は、ギャルソンとして働きながらも料理人を目指し
伊藤のもとで働きながら、シェフ伊藤に憧れ心酔していきます。

野中を演じた赤楚衛二さんもシェフ役の武田真治さんに同じように自分自身を投影したとインタビューで話していました。

武田真治さんとは初めてご一緒させて頂いたのですが、現場での在り方や周りへの配慮、役と真摯に向き合う姿は凄くストイックで且つ懐が深くて、とても素敵な方でした。なので、伊藤への憧憬の念や心酔する想いを抱くのは難しくなかったです。ご一緒出来て光栄でした。

『美食探偵明智五郎』で野中を演じた日は赤楚衛二さんの26歳のお誕生日だったそうで、
思い出深い一日となったようですね。

という事は収録日は3月1日!
おめでとうございます!

ギャルソンに関するみんなの反応

絶対見ます!
赤楚さんのギャルソン姿とても似合ってます 
緊迫した空気のなかでも、落ち着きをもたらしてくれるそんなギャルソン役希望します。腕利きシェフを助けて! 
美食探偵出演おめでとうございますー
黒ステ一弾の頃から知ってるので何だか感慨深い…ギャルソン楽しみにしてます! 
赤楚さん、きちんとした服似合いすぎ

出典:Twitterより

まとめ

ギャルソンとは意味は?
美食探偵3話赤楚衛二役に「初めて知った」
について調べた事をまとめてみました。

*『美食探偵明智五郎』の第3話は武田真治さん演じる伊藤シェフの店が舞台。
伊藤シェフのお店で働くギャルソンは事件にどう関わるのか。
*『美食探偵明智五郎』でギャルソンを演じるのはライダー出身の赤楚衛二さん。赤楚さんはギャルソンという言葉を初めて知ったそう。未知の役柄へ興味を持って挑んだと話す。
*ギャルソンとは男性給仕。単純に料理を運ぶウェイターではなく、客の好みを覚えたりシェフの想いとお客の希望をつなぐレストランにとっては大事な役割を持つ。

『美食探偵明智五郎』の第3話でギャルソンはどんな働きぶりをみせるか
シェフとの関わり、事件への関与の有無など見どころがたくさんありそうですね。

関連記事

  1. アンサングシンデレラの副題は変更する?薬剤師は処方箋ださないと炎上

  2. 身辺警護人のBGの意味は?年収はどれくらいの職業なの?

  3. ギルティ(ドラマ)のネックレスが気になる!新川優愛の胸元に光のは何のブ…

  4. アンサングシンデレラのインフルエンザの回テレビでやるの?漫画で見た人「…

  5. ギルティこの恋(ドラマ)のキスシーンで中村ゆりかすげー!と思ったけど皆…

  6. ドロキュンとは意味は?見たいドラマ3選はこれだ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

人気記事

カテゴリー

PAGE TOP