2020-01月期ドラマ

川口春奈の大河経験は?今後ブレイクの可能性について

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の濃姫役に沢尻エリカの代役として、川口春奈さんが抜擢され、撮り直しが行われることになりました。
ゴールデン枠の連続ドラマで初の主演となった2013年「夫のカノジョ」で、ゴールデンドラマ帯で今世紀の最低の平均視聴率3.0%を出し、大こけして以降脇役に回ることが多く
悲劇のヒロイン
という印象もなきにしもあらずですが
その後の試練の時を経て、今回の大河経験、時代劇初挑戦は彼女をブレイクさせるのか?その可能性について見てゆきます。

きっとうまくゆくと思う!
ツキがいよいよ回ってきた

川口春奈の大河経験、ドラマ経験は?

川口春奈はこれまで、ドラマの主役経験はありますが、大河経験はありません。

2010年3月13日 ドラマスペシャル「初恋クロニクル」でドラマ初主演。
2011年7月 TBS深夜ドラマ枠「Friday Break」で放送された「桜蘭高校ホスト部』で連続ドラマに初主演。
2012年3月17日 映画「桜蘭高校ホスト部」で映画初主演。
2013年 10月クールのTBS系木曜ドラマ9『夫のカノジョ』に主演。ゴールデン枠の連続ドラマでは初の主演となったが、視聴率取れず。
2013年 ドラマ化もされた「リアル脱出ゲーム」の映画版「『マダム・マーマレードの異常な謎』に主演。
2014年10月 青山円形劇場で上演された「生きてるものはいないのか」で、初舞台にして主演。
2016年秋 連続ドラマ「受験のシンデレラ」 (NHK・BSプレミアム)でヒロイン。

大河経験・朝ドラ経験ともないんだね!

「受験のシンデレラ」では、低視聴率俳優・小泉孝太郎と低視聴率女優・川口春奈がダブル主演などとのコメントもありました。
NHKBSですので、当時のドラマ視聴率12位までに入っていませんが、内容的には良かったようで、「川口春奈の記憶力に脱帽」などのコメントがあったり、DVDが発売されたりしています。

今回のNHKの抜擢も、ここでの演技に一定の評価をした結果ではないかと思います。

以前からCMでは、大活躍で、最近でも、「ビーマイベイベーべー♪ビーマイベイベー♪」の髪ふきながら飛び跳ねてるCMが、人気となっています。

CMかわいいな!大河は必ず見るぞ!

川口春奈さんとは?ドラマ歴を振り返る

この投稿をInstagramで見る

年々母親に似てきてる、、、、ひょえー。

川口春奈(@haruna_kawaguchi_official)がシェアした投稿 –

1995年(平成7年)2月10日 生まれの24歳、2007年12歳で「ニコラ」のオーディションでグランプリを獲得し、モデルとなって以降、2009年CM&女優デビューなどと幅を広げてゆきました。

一時、トーク番組で、あまりに好き嫌いをはっきり言うので、性格悪いとのうわさが出たこともありました。
例えば「ガキの使い」では、スケバンヤンキー風で、きつい口調で共演者を罵る姿が大変話題なったりしました。

その後好感度は確実にあがっている。
インスタの素の感じが、一般民に受けていい感じに確実になっとるよ

しかし、この強さが、吉と出る可能性があります。
「麒麟がくる」の濃姫のエピソードとして、有名なのは、濃姫が織田家に嫁ぐ時、父の斎藤道三は濃姫に短刀を渡し、「信長がなにか企んでいたら、この刀で刺せ」と言いました。
これに対して、濃姫は、「分かりました。けれどもしかしたら、この刀であなたを刺すかもしれません。」返したといいます。
これから「気が強い!」ことが定説となっています。

川口春奈さんは今回の役にぴったりはまるかもしれません。

この場面が楽しみ!

NHKも起用の理由については「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただけると考え、お願いすることになりました」としていることからもわかります。

趣味は「海釣り」で、自然体であっさりした性格との声があります。

川口春奈ブレイクへのネットの反応

この決断は度胸のいる決断だったのではないでしょうか。
ぜひ素晴らしい濃姫を演じてほしい。
配役が決まった時点でこれだけ注目されて、川口さんにとってはチャンスですね!
NHKの大河ドラマ、普段は見ませんが見てみたいなぁと思うます!
大チャンスだね。がんばって。
上手く演じきれれば大躍進だよ
ちょっと前の和服の何かのゲームのCMがとても綺麗だった。着物で妖艶な雰囲気もあって。応援してます。きばらんね。
彼女は凄いチャンスをつかんだと思う。いろんな意味で大変だと思うけど、ここで沢山学べる事があるはずだから頑張ってやり遂げて欲しい。彼女の成長と躍進に期待している。

出典:ヤフコメ

川口春奈への大きな期待の声が多数です。

まとめ

大河ドラマ経験のない川口春奈のこれまでのドラマ経験をまとめ、今回の抜擢で、ブレイクするかどうかを占いました。

・六年前の大こけ後の地道な演技の努力が実って今回の抜擢につながった
・濃姫を演じるのにぴったりの性格であり、成功の可能性が高い
・これまでの経歴、これだけ話題となったことで、大ブレイクすると思われる

2012年、マイナビの「そろそろブレイクしそうな若手女優ランキング」で、1位に選ばれたこともある川口春奈さんですので、6年の試練の時を経て、NHK大河ドラマ『篤姫』(2008年)で、女性視聴者の大きな支持を受けた宮﨑あおいさん並みの、大ブレイクをするのではと思っています。

是非、「朝ドラヒロインの座を射止めること」という川口春奈さんの夢への大きな一歩としてください。

女性は皆応援しているよ!

関連記事

  1. オンコロジーとは意味は?アライブがん専門医のカルテのあらすじも

  2. 駆血帯とは意味は?かわいいものをシェア!恋はつづくよどこまでもで注目!…

  3. テセウスの船の子役は誰?予想と実際・過去作は?

  4. 教場とは意味は?キャストの髪型が衝撃!

  5. 恋は続くよどこまでも面白い?原作感想から分かる合う人合わない人

  6. アリバイ崩し承りますの原作漫画を無料で読む方法はあるかしら?感想もまと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

カテゴリー

人気記事

PAGE TOP