2020-01月期ドラマ トップナイフ

永山絢斗の演技うまいの声のトップナイフ!瑛太の弟だけに似てる?

更新日:

トップナイフ、なかなか評判良いですね。
ドクターの個性がクローズアップされて、特に最近の4話、5話では西郡先生に焦点があたっているように思います。

西郡先生を演じているのは永山絢斗さん。
ご存知の方も多いかと思いますが永山絢斗さんは瑛太さんの弟です。
瑛太さんは昨年改名して、今は本名の『永山瑛太』で芸能活動をしています。

永山絢斗さんは永山瑛太さんの弟として注目されるだけでなく、
ルックスもスタイルも抜群なので今までもいろんなドラマに出演されています。

演技がうまいからひっぱりだこなんだね!
ちなみに読み方は「ながやまけんと」だよ

        

瑛太との兄弟出演も見てみたいよね!

トップナイフでの永山絢斗さんの演技について、
演技はうまい?
瑛太に似てる?
などみんなの声を集めてみました。

▼ブランドバッグレンタルならあの女優さんと同じバッグ持てるじゃん!▼
>>LUXUS(ラクサス)を実質無料で試してみる
※日換算で40日分の1万円分pointがプレゼントされます

永山絢斗の演技うまいの声のトップナイフ

永山絢斗さんはトップナイフで「心を閉ざした孤高の秀才」西郡琢磨を演じています。
天海祐希さん演じる深山先生にタメ口をきき、オペを異常な件数こなし
最初はオペオタクだと思われていました。

でも高飛車な態度は鎧でした。

手術中に突然襲ってくる恐怖を拭い去るため、オペの件数をこなし経験を積もうとしていました。
手術室でのいつもと違う西郡先生の様子を深山先生に指摘されても心を開こうとしませんでした。

自分のオペの失敗によって母親が逆行性健忘となってしまった罪に苛まれる西郡先生
プライドを捨てて母親の病気を治してもらおうと黒岩先生に頭を下げて執刀を頼む様子や
手術後の母親にお礼ではなく「才能ないねぇ」と言われた時のなんとも言えない表情に胸を打たれました。

夢を諦めようとする患者にかけた言葉がまるで自分に言い聞かせるように感じとった姿
自分は平凡な医者だと必死の思いで母親に話すシーン

部長が「逃げません」と言ったのは、難しい手術から逃げないだけでなく
心臓外科医のトップナイフを母に持つ重圧感や意見の食い違う患者と向き合うこと、
自分の力量を知り向上していくこと
挫折や虚無感を受け止めること

西郡先生のその心意気に部長は拍手を送ったのだと思いました。
今出川部長の拍手を背中で聞きながら涙をこぼして歩く西郡先生の姿に感動しました。

人との関わりを絶ち、トップナイフの称号を得るために
努力を見せずにさりげなくスマートに手際よく手術を短時間でこなせる
まるで黒岩先生のようにピンチにも自信を持って立ち向かう
そんなドクターになりたい とは素直に言えない西郡先生はまだまだ葛藤しながら成長していくのでしょうね。

トップナイフ公式インスタグラムに
深山先生からの素敵なメッセージがありました。

努力して、何かを得られたら素晴らしい。
でも、努力して何かを得られなくても素晴らしいのだと思います。
挫折の先に、きっと何かがあると私は信じているから。

参考:https://www.instagram.com/p/B8WVq2TgwbZ/?igshid=cweczmsjvozr

永山絢斗は瑛太の弟!どんな芸能一家?

永山絢斗さんの経歴を調べました。

永山絢斗さん
生年月日:1989年(平成元年)3月7日生
出身地:東京都
身長:177cm
血液型:B型

永山絢斗さんは三人兄弟の末っ子です。長兄は俳優の永山竜弥さん、
次兄は俳優の永山瑛太さん。
竜弥さんは1979年11月24日生まれ
写真家であり俳優もされています。
瑛太さんは1982年12月13日生まれ
瑛太さんの奥さんは木村カエラさんなので、永山絢斗さんからみてカエラさんは義姉となります。

スゴい一家だね!
画力が強い!!

 
      

永山竜弥さんが『病室で念仏を唱えないでください』に出演してたね!

永山竜弥さんのTwitterにあがってる写真、すごく素敵
瑛太さんと絢斗さんの共演ってあるの?

 

永山瑛太さんと絢斗さんは共演ではありませんが『アンフェア』に関わっています。
瑛太さんは篠原涼子演じる敏腕女性刑事・雪平夏見の初代相棒役を務めていました。

永山絢斗さんは「アンフェア」のフィナーレとなる劇場版第3弾『アンフェア the end』で雪平刑事の相棒を演じています。

二人と共演した篠原涼子さんは
「絢斗くんはお兄さんの瑛太くんと声とか雰囲気は似ていますが、役者としては全く別物で、兄弟という感覚がなかったですね。血のつながっている方とは思えないくらい“自分”を確立して持っているので、プロフェッショナルだなと思いました」と話していました。

永山絢斗の演技へのみんなの反応・評価

今まで永山絢斗の白衣立ち襟が気になって仕方なかったけど、今回はそれどころじゃなかった 
永山絢斗、いい役者だなー 
また永山絢斗さんに泣かされた。重版出来では号泣させられたし
『トップナイフ』第5話。才能に実体はない。しかし時として人はそれに振り回される。オペで失くした自信はオペでなきゃ取り戻せない。前回に続いて永山絢斗の回。才能ではなく諦めていたから差がついた。その為には努力するしかない。そして努力してもどうにもならないと自覚した時に何かが始まる。 
    
トップナイフ 5話西郡回。ちょっとじゃない、必死で頑張れ。逃げるな、簡単に諦めるな自分を。雅志想い出す台詞が胸熱なうえ自信家で孤独なオペヲタクだった彼が悩み変わっていく、ぎこちなくも笑ってみせたり自分は平凡と認め泣く姿までこんな永山絢斗が見たかったを詰め込んできた、最高でした。
トップナイフになるほどの才能がないことを思い知り、
その上で母親の重みに押し潰されそうになる西郡先生。
自分を平凡だと気づき、認めたその心はどうなるのか。
    
永山絢斗は苦悩の表情も泣く演技も、それを演技と思わせない。才能に振り回される役どころを演じ切って、ドラマに圧倒的なリアリティをもたらす。これぞ彼の才能。 
自分には才能がないと気付いた時、自分が「平凡」だと気付いた時、それが若ければ若いほどツライんだよね。自分も若い頃、自分が思い描く未来への才能がないと気付いた時、軽く絶望したもんな...。永山絢斗くんの表情、良かったなぁ〜。 

出典:Twitterより

▼ブランドバッグレンタルならあの女優さんと同じバッグ持てるじゃん!▼
>>LUXUS(ラクサス)を実質無料で試してみる
※日換算で40日分の1万円分pointがプレゼントされます

まとめ

永山絢斗さんの演技うまい?
瑛太の弟だけに似てる?などトップナイフでの永山絢斗さんについて調べた事をまとめてみました。

*永山絢斗さんは永山竜弥さん、永山瑛太さんの弟。トップナイフでは才能を持つ母親に認められたいと苦悩する西郡琢磨を演じる
*苦悩し努力し、同じような立場の患者さんに話す言葉に自分を鼓舞する西郡先生に共感する人が多い
*緊急事態にも落ち着いて対応できるトップナイフの黒岩先生と平凡な医者だと自覚した西郡先生との関係性に注目

絢斗さん兄弟3人ともどことなく顔や雰囲気は似ていますが、それぞれの個性が各々の場所で発揮できるといいなと感じました。
トップナイフが非常に面白くなってきました。
それぞれのドクターの今後が楽しみです。

トップナイフのエンディング曲のダンスの振り付け師は誰?フル動画のみんなの感想まとめ

https://devilquest.jp/casablanca-hanakotoba/

-2020-01月期ドラマ, トップナイフ
-

Copyright© 漫画動画クエスト , 2021 All Rights Reserved.