2021-04月期ドラマ 桜の塔

桜の塔考察!黒幕は誰か?【ネタバレ注意】

ドラマ『桜の塔』が面白くなってきましたね。
玉木宏さん演じる上條漣は警視総監への階段を上がるために
どんな汚い仕事もためらうことなく突き進む男。

ただ警視総監になりたいのか、それとも警視総監にならないといけないのか
熱い思いを持つには連の幼い頃の父親の死が関係しているのでしょう。
そしてその父親の死にはいったい誰が関係しているのでしょうか。
いったい誰が黒幕で、その黒幕はいったい何のために漣の父親を死に追いやったのでしょうか。

ここでは
桜の塔考察!黒幕は誰か?
ということでネタバレになるのかならないのか
推測・憶測・期待もこめて考察していきます。

だんだん物語が佳境になってきたかと思ったら第5話で第1部の完結編?これはニッポンノワール展開なのか!上條漣がまさかのキャラ変??

▼それSnowManにやらせて下さい44話見た?▼
>>今すぐTBS系動画サービス『Paravi』を無料体験する
※ジャニオタに一番熱いのが『Paravi』 『それスノ』『ドラゴン桜(2005)』『パパジャニwest』『天国と地獄』等

桜の塔を考察!気になるポイント

玉木宏さん演じる上條漣は警察官のトップ”警視総監”を目指し登りつめ、闇に葬られた父の死の意味を知るために全ての権力を手に入れようとします。

果たして連の父親 上條勇仁を死に追いやった黒幕はいったい誰なのでしょうか。
今、黒幕だと言われているのはこの人物です。

1、千堂大善 警視監・刑事部・外様派(演:椎名桔平)


漣が父親からもらったウイスキーのスキットル。
結婚式の準備に気持ちがのっていない漣にイラつく優愛が投げつけカバーが破れてしまいました。
漣は破れたすき間からボトルにメッセージが残されていることに気づきます。

その住所を捜索すると古いビデオテープが出てきました。
ビデオテープに映っているのは拳銃を突き付けられ自殺を強要されている勇仁の姿。
その近くにあるテーブルにはたばことライターが映っていました。

馬がついたライターは勇仁が自殺した後、千堂からもらったと権藤から聞かされた漣は直接千堂に問いただします。
感情的になる漣に
「そうだよ、そこにいるのは俺だ」
「俺がお前の父親の死を見届けた」と話す千堂。
何故か千堂は少しも悪びれた様子がありません。

こんなにも簡単にあっさりと漣に打ち明けるのって本当は違うんじゃないかなって思いながらも
黒幕に関係している人物であることには間違いないように思います。

2、刈谷銀次郎 謎の情報屋(演:橋本じゅん)


元警察官で漣の情報屋として漣のもとで動いている刈谷。
以前は漣の父親:勇仁が働く交番で一緒に勤務していました。

23年前の押収品横流しと同じ手口を水樹班の高杉刑事に教えたのは自分だと漣に告げた刈谷。
話す刈谷の表情やしぐさから嘘をついていると思ったのか真実を話していると漣が感じたのかははっきりしません。

父親の死後、漣の父親的存在であった刈谷ですが、
まだ連に伝えていないことがあるように思えます。

3、小宮志歩 銀座のクラブ「S」のママ(演:高岡早紀)


小宮志歩は元警察官。
そのため小宮の経営する銀座の高級クラブには多くの警察官が利用しています。
派閥の違うグループが同席することもありますが、元同業者の小宮なら他言はしないと信頼されています。

小宮が現役だったころ、警察官が押収品を海外のブローカーに売りさばいて金銭を得ているという噂があり
証拠保管庫の担当であった自分が押収品の中身がすり替えられていることに気づいたと漣に話します。
そのことを報告しても見てみぬふりをする上司や同僚の姿に
犯行は組織ぐるみではないかと勇仁に相談していたというのです。

その話、すべて信じていいのでしょうか。

漣は自分のことや父親のことになるとプロファイリングできずに感情が先に動いてしまうんだよね。
全ての話、真実ばかりじゃないのかも。

桜の塔の黒幕は誰か?

『桜の塔』の黒幕はいったい誰なのでしょうか。
その前に上條漣の父:上條勇仁が子供時代の漣と爽に話した言葉を今一度思い出してください。

「仲間を疑うってのは一番苦しいよな。
だから信じて騙される方がよっぽどマシだ」

上條勇仁にとっての「仲間」が「黒幕」なのか
「仲間」を操っているのが「黒幕」なのか

刑事部警視監:千堂
警務部警視監;吉永
警備部警視監:権藤
は、「上條さんには世話になった」
「刑事のイロハを教えてもらった」と感謝しているようですが
この3人の中の誰か1人だけが黒幕だとは考えにくい気もします。

そして「信じた仲間に騙されて危険な目にあったら?」と子供時代の爽に聞かれた勇仁は
「その時はあきらめる」と言って笑いました。
あきらめた結果が自害なのでしょうか。。。

主演の玉木宏さんが制作発表の場で
「このドラマは裏切ります。単純な警察ドラマではありません。
いろいろな裏切りがあるドラマです。意外な結末が毎回訪れると思います。」とコメントしています。

『桜の塔』の脚本担当は武藤将吾さん。
今まで担当した『3年A組』や『ニッポンノワール』も
簡単に真相にたどりつかないような、入り組んでいて複雑て誰もが怪しいというようなストーリーでした。

武藤さんが今回のドラマで考える「正義」とは何なのでしょうか。
武藤さんの作品を見る度にそのテーマが頭をよぎります。
黒幕を暴く・悪の組織を公表し撲滅する
では「悪」とは何か。「正義」とは何か。
このドラマだけで完結するのか、まだまだこのテーマは続いていくのか
武藤作品には計り知れないものがあり、まだすべてを理解できていない自分がいます。
物事の側面を一方向だけで判断せずにより深い理解にたどり着けたらと思います。

4話の権藤と漣との対峙の迫力はすごかったね~なんと脚本12ページ分ってすごい!さすがとしか言いようがない!圧巻です!

桜の塔黒幕は?みんなの感想まとめ

まだ4話なのに、次から次へと真実?がわかってきて次も楽しみです。第1部完結編って…
味方なのか敵なのかグレーに見える周囲の人々や父親の死の真相...次回放送までの考察期間も楽しい。
玉木さんと吉田さん、玉木さんと椎名さんの演技のぶつかり合いがものすごい迫力
やっぱ桜の塔おもしろw黒幕大体予想ついてたけどベテランの演技がそれを越えてくるね
桜の塔は怪しいと思ってた人が黒幕?だったけどそれだけで終わるのかな??今期のドラマ割と番組の最後に伏線回収的なのするけどこれはないから次の週までもやもやする

出典:twitter

▼それSnowManにやらせて下さい44話見た?▼
>>今すぐTBS系動画サービス『Paravi』を無料体験する
※ジャニオタに一番熱いのが『Paravi』 『それスノ』『ドラゴン桜(2005)』『パパジャニwest』『天国と地獄』等

まとめ

桜の塔考察!黒幕は誰か?【ネタバレ注意】
について調べたことをまとめてみました。

  • 漣の父親の死に関わるのは千堂・吉永・権藤。特に千堂は父:勇仁の死を見届けたと漣に告げた。
  • 父の死後、親代わりとして漣を支えた刈谷やクラブママの小宮も黒幕の可能性がある。『3年A組』や『ニッポンノワール』のように証拠に思えた映像や証拠品はフェイクだったりするのでは?と思える。
  • 『桜の塔』は5話でまず第1部が完結。6話からの第2部はどのように話が進むのか全く見えない
  • 気になるのは新垣長官の手帳に書かれた内容とそのやりとりを見ていた馳がうっすら笑っていたこと。漣の仲間にもきっと何かある、何か起こる。。。

    桜の塔を全話無料で見る方法と感想集

    -2021-04月期ドラマ, 桜の塔

    © 2021 漫画動画クエスト