2020-04月期ドラマ

富田望生はなぜ人気か?演技力が光る作品3選はこれ!

ぽっちゃり系の演技派女優として唯一無二の魅力を発揮している富田望生さん。

最近ドラマやバラエティーで目にする機会がぐんと増えた気がします。

当記事では、富田望生さんはなぜ人気なのか、その人気のヒミツに迫ります!!

ヒルナンデスにも出てるね!とても丁寧で感じの良いところが好きだな~

富田望生はなぜ人気か?

昨今のドラマや映画で欠かせない存在となってきている富田望生さん。

富田望生さんは、今なぜ人気なのでしょうか?

富田望生さんは、宮部みゆきさんの小説を映画化した『ソロモンの偽証』の役作りで15キロ太るなど、演技に対しての姿勢がひたむきであるところ、どんな人でも持っている心の葛藤を表現するのがうまいなどと評価されています。

また容姿をネタにした役でも「求められることが嬉しい」と、嫌がることなくこなしていて、容姿などが気になる年頃の女性としてよりも女優であることを優先しているところが潔くカッコいい女性だと同年代の子の支持を集めています。

役作りで体型を変えられるなんてすごい!カッコいいね!

富田望生の演技力が光る作品3選

富田望生さんがなぜ人気かの理由の1つである演技力の高さ。
そんな富田望生さんの演技力が光る作品を3つご紹介します。

『三年A組』
富田望生さんの知名度が一気にあがった作品です。
涙を誘う迫真の演技はSNSでも話題になりました。

『美食探偵 明智五郎』
富田望生さんの魅力が溢れる役どころでした。
美味しそうに食べ物を食べる姿やファッションがかわいいと注目が集まりました。

『宇宙を駆けるよだか』
入れ替わりをテーマにしたこの作品。
入れ替わり前のいじめられっ子の然子と、見た目はいじめられっ子の然子でありながら中身はクラスの人気者であるあゆみという二役を演じ分けが見事でした。

作品ごとに演じるキャラクターをいきいきさせる富田望生さん。
ドラマや映画で欠かせない存在な理由が分かりますね!

現在上映中の映画『私がモテてどうすんだ』でも、富田さんの魅力が堪能できそうですよ。

私モテはすでにかなり好評みたい…!
3年A組と美食探偵は、Huluで見れるよ! よだかはNetflix
▼ ▼――― 見逃したら、最もお得に見る方法はこれ ―――▼ ▼

・放送後7日以内なら、TVerまたは、公式HP下の「日テレDoGa」から無料で観ることができます!
・放送後7日過ぎたら、Hulu(初登録2週間無料・途中解約可・2週間過ぎると月額933円+税だけど日テレ系や映画やアニメ見放題)


 



どうせHulu登録するなら以下も併せて見るといですよ!
『同期のサクラ』
『DASADA』
『ウォーキングデッド』シリーズ(海外超人気映画)
『3年A組』
『チート』(本田翼主演の詐欺師を逆にハメる深夜ドラマ)

富田望生へのネットの評価

富田望生さんのネットの評価をまとめてみました。
なぜ人気なのか理由が分かるかもしれませんよ!

富田望生ちゃん癒される
富田望生ちゃんは超絶かわいい!
富田望生ちゃん演技上手くて好き
富田望生ちゃんが魅力的でかわいかった!!!女優魂がすごい!
富田望生をもっともっと観たい!と思うのは私だけかな?

出典:twitter

女優としての演技力に感激する声や、彼女の人間性に癒されるといった声が目立ちました。

まとめ

最近注目が集まる富田望生さんがなぜ人気なのかについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

まとめますと、

・富田望生さんは役作りで15キロ増するなど役者魂がすごい

・富田望生さんのオススメ出演作品は、『三年A組』『美食探偵明智五郎』『宇宙を駆けるよだか』など

・天真爛漫な富田望生さんに「癒される」や「かわいい」の声が多数

となります。

これからのテレビ界に欠かせない存在となりそうな富田望生さん。
演技力を武器に快進撃が止まりません!

唯一無二の魅力たっぷりな富田望生ちゃん。これからも欠かせない存在だね!

関連記事

  1. 明智五郎の弟役は誰?イケメンの経歴を調べた「超特急の人」「同期のサクラ…

  2. ラーメン才遊記を無料で全巻読めないものかしらと調べてみた!ハマる人はど…

  3. 年下彼氏(ドラマ)で歳の差最大はこのカップル!「え、同姓同名?」「あり…

  4. サイレント・ヴォイスのシーズン1の再放送は?動画視聴は出来るか調べてみ…

  5. ハケンの品格を見逃したら無料でスマホで見る方法を13コのVODを比較!…

  6. 岡部大(ハナコ)の演技力期待できる!初ドラマの配役とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

人気記事

カテゴリー

PAGE TOP