2020-07月期ドラマ

わたどうの子役2人は誰?他のドラマ歴も調べてみた「ドクターXのあの子か!」

美しい和菓子の世界で巻き起こるドロドロの人間関係から目が離せないラブミステリードラマ『わたどう』で思わず惹きつけられる演技力で椿と七桜の幼少期を演じる子役が気になりませんか?

そこで椿と七桜の幼少期を演じる子役は誰なのか調べてみたのでシェアしていきます。

物語の鍵を握る重要なシーンを演じる子役の演技力に1話目から釘付けになった

わたどうの子役2人は誰

『わたどう』で物語の重要なポイントとなる、謎につつまれた15年前の事件ですが、その重要な回想シーンで度々登場する椿と七桜の幼少期を演じる子役が誰なのか…気になります。

まず高月椿の幼少期を演じる子役が森島律斗くんです。

和装がとても似合うイケメンですね。

次に七桜の幼少期を演じる子役が宮崎歩夢ちゃんです。

くりっとした大きな目がとても可愛いですよね。

森島律斗くんと宮崎歩夢ちゃん、2人の抜群の演技力には驚かされました。

幼少期時代の回想シーンは物語の鍵を握る重要なシーンなだけに難しい役柄でもありますが、2人の堂々とした演技に魅了される方も多いと思います。

個人的に律斗くんと歩夢ちゃんの表情の変化がすごい…と見ていて惹きつけられました。
存在感ある2人にこれからも注目していきたいですね。

事件の回想シーンの睨みつける演技や泣くシーン難しいだろうに、完璧な演技力に驚いたよ

森島律斗くんのドラマ歴

高月椿の幼少期を演じる森島律斗くんは、2011年7月23日生まれの9歳で、クラージュキッズに所属されています。

数々のドラマやCMに大活躍の律斗くんの気になるドラマ歴を詳しく調べてみました。

WOWOW連続ドラマW『オペレーションZ~日本破滅、待ったなし~』
『ウルトラマンタイガ』
『決してマネしないでください』
『庶務行員・多加賀主水が悪を断つ』
WOWOW連続ドラマW『真犯人』
『ドクターX~外科医・大門未知子~』
『探偵が早すぎる』
『監獄のお姫さま』

ネット上でも可愛い、イケメンと話題になっている律斗くん。
なにより9歳にしてすごい活躍ぶりに驚きました。
いろいろな役をこなす演技力があるからこそですね。

これからの活躍もとても楽しみです。

宮崎歩夢ちゃんのドラマ歴

花岡七桜の幼少期時代を演じる宮崎歩夢ちゃんは2012年4月9日生まれの8歳でテアトルアカデミープロダクションに所属されています。

趣味特技がジャズダンスとパントマイムという歩夢ちゃんのこれまでのドラマ歴を調べてみました。

『刑事7人』
『執事西園寺の名推理2』
『宇宙を駆けるよだか』
『高嶺の花』
『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』

すごいですね…様々なドラマに出演経験がある歩夢ちゃんの活躍ぶりに驚きをかくせません。

ぱっちりした目がとても可愛い歩夢ちゃん。
CMにもたくさん出演されていてテレビで見る機会が多いかもしれません。

これからの歩夢ちゃんの活躍にますます期待が高まりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
『わたどう』の子役は誰かについて調べたことをまとめますと

・『わたどう』で重要なシーンとなる椿と七桜の幼少期を演じる子役は森島律斗くんと宮崎歩夢ちゃんです。

・椿の幼少期役を演じる森島律斗くんは現在9歳でクラージュキッズに所属されており、『オペレーションZ~日本破滅、待ったなし~』や『家政夫のミタゾノ』など様々なドラマに出演されています。

・七桜の幼少期役を演じる宮崎歩夢ちゃんは現在8歳でテアトルアカデミープロダクションに所属されており、『刑事7人』や『宇宙を駆けるよだか』などのドラマに出演されています。 

『わたどう』で椿と七桜の幼少期を演じる森島律斗くんと、宮崎歩夢ちゃん。
個人的に律斗くんが睨みつけるような表情で七桜の母親を指差すシーンと、歩夢ちゃんが涙を流して「ママ」と叫ぶシーンの迫真の演技から目が離せませんでした。

高い演技力をもつ律斗くんと歩夢ちゃんのこれからの活躍にますます期待が高まりますね。

関連記事

  1. わたどう多喜川薫(山崎育三郎)の正体は?怪しいので伏線をまとめてみた「…

  2. 伝説のお母さん原作漫画を無料でスマホで読めるか調べてみたよ!感想まとめ…

  3. 二月の勝者はなぜ二月か?中学受験の現実がここに

  4. わたどう女将の部屋huluオリジナルが気になる!城島のことは既に知って…

  5. 私たちはどうかしているの漫画全巻無料で読めるかしらと25の電子書籍サイ…

  6. 神保悟志の目の下のクマ大丈夫?病気じゃないか調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

人気記事

カテゴリー

PAGE TOP